【閲覧注意】ごく控えめに言って、これはもう美味しい排泄物だ

【閲覧注意】ごく控えめに言って、これはもう美味しい排泄物だ

- in 其他

言い訳はしない。酔ってた。それだけだ。
まじで見た目排泄物だけど本当に美味しいので作ってみてください。中華麺じゃなくご飯にかけても美味しいし、パンに乗せてとろけるチーズ乗せて焼いても美味しいです。信じて。

リスナーに是非読んでほしいとコメントをもらっていた「コンビニ人間」を読みました。一言で言うなら、異常な小説でした。淡々としていてまとまりがあって流れるような文章が主人公の異常性を際立たせると同時に、あまりに静かな言葉たちが私たちの異常性を承認してくれるような。プールの更衣室に充満する湿った塩素の匂いと、じめった木の匂い。この小説を読んでる間、そんな匂いがずっと鼻をくすぐっていました。
主人公は36歳でコンビニアルバイトをする独身女性。彼氏もおらず正社員にもならず、ただ毎日を繰り返します。でもそれでいいと思っているし、それがいいと思っている。コンビニ店員として社会に溶け込むことで、歯車に、世界の部品の一つになれたと感じることができる。

「正常な世界は強引だから、異物は静かに削除される」
「普通の人間、という架空の生物を演じる」

普通って一体なんなんでしょうか。正社員になって、結婚して、子供を産んで、家庭に入って、天寿を全うして死ぬことが「普通」のことなんでしょうか?「普通」じゃない道を歩いている人間は、いつも「普通の人間」からの「どうして?」に窒息しかけています。主人公がある種「異端者」であるような小説を読むと、ああ窮屈だな、世界はこんなに広いのに、どうして存在する全てを受け入れてはくれないんだろう、と途方にくれてしまいます。エゴだとは理解しながらも。
“普通の人間を演じる”という言葉にすごくグッときました。ずっと正常に普通な人間なんていなくて、多分皆どこかしら異常で。でも世界につまはじきにされるのが怖くて、多くの人が、普通を演じ続けます。私も。嘆きたいけど、私たちの愛する世界はそうあるからこそ成り立っているし、成り立たせていかなければいけない。そんな微妙なバランスの中で、普通と普通じゃないものを線引きできてしまう人間って、本当に傲慢ですよね。
まぁとりあえず色々書きましたけど、何が言いたいって、普通も普通じゃないも関係なく、愛する人と結婚したいなと思いました。終わり。

@NyantakoGG

本日着用しているパーカーは、アンチアイデンティティ東京様にデザインして製作していただいた「粉塵爆発hub」パーカーです。Pornhubというアダルトサイトをパロったデザインになってるようです。とってもエッチでアバンギャルドなパーカーですので、気になった方がいらっしゃいましたらこちらから購入いただけます!
全力アダルト、お揃いにしていこうな!
https://www.ttrinity.jp/product/4564211#396

Facebook Comments